ライフプラン~老齢基礎年金の繰上げ受給 2015-07-24

2015年テキストTOPICSです。
ご参考になれば幸いです・・・

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。

(1)昭和16年4月2日以降に生まれた方について

全部繰上げと一部繰上げ

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳に

なるまでの間でも繰上げて受けることができます。

しかし、繰上げ支給の請求をした時点(月単位)に応じて年金が減額され、その減額率は一生

変わりません。

繰上げの方法には全部繰上げと一部繰上げがあります。

繰上げ支給の老齢基礎年金を受けても特別支給の老齢厚生年金は支給され、繰上げ支給の老齢

基礎年金は、全部繰上げまたは一部繰上げのどちらかを選べることになっています。

女子で昭和16年4月2日から昭和21年4月1日までの間に生まれた人は、老齢基礎年金の全部繰上

げの請求ができます。

特別支給の老齢厚生年金の定額部分支給開始年齢が61歳から64歳とされている人(男子は昭和

16年4月2日から昭和24年4月1日まで、女子は昭和21年4月2日から昭和29年4月1日までの間に

生まれた人)は、老齢基礎年金の全部繰上げまたは一部繰上げの請求ができます。

1・全部繰上げ

年齢の計算は「年齢計算に関する法律」に基づいて行われ、「60歳に達した日」とは、60歳の

誕生日の前日になります。

(例)4月1日生まれの方が60歳に達する(した)日は、誕生日の前日の3月31日となります。

全部繰上げを請求した方は下記減額率によって計算された年金額が計算されます。

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数

全部繰上げを請求される際の注意事項

国民年金に任意加入中の方は繰上げ請求できません。

また、繰上げ請求後に任意加入することはできず、保険料を追納することもできなくなりま

す。

受給権は請求書が受理された日に発生し、年金は受給権が発生した月の翌月分から支給されま

す。

受給権発生後に繰上げ請求を取り消したり、変更したりすることはできません。

老齢基礎年金を全部繰上げて請求する場合、特別支給の老齢厚生 (退職共済) 年金のうち基礎

年金相当額の支給が停止されます。

報酬比例部分は支給されます。

老齢基礎年金を繰上げて請求した後は、事後重症などによる障害基礎年金を請求することがで

きなくなります。

老齢基礎年金を繰上げて請求した後は、寡婦年金は支給されません。

また、既に寡婦年金を受給されている方については、寡婦年金の権利がなくなります。

老齢基礎年金を繰上げて請求した場合、65歳になるまで遺族厚生年金・遺族共済年金を併給で

きません。

老齢基礎年金を繰上げて請求すると、次の減額率に応じて生涯減額されます。

このため、受給期間の長短により、繰上げ請求しない場合よりも受給総額が減少する場合が

あります。

減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

繰上げ減額率早見表

2・一部繰上げ

昭和16年4月2日から昭和24年4月1日(女子は昭和21年4月2日から昭和29年4月1日)生まれの方

は、特別支給の老齢厚生年金の定額部分の支給開始年齢が段階的に引き上がることから、この

支給開始年齢に到達する前に希望すれば一部繰上げの老齢基礎年金を受けることができま

す。

一部繰上げを請求した方は、下記により、年金額は計算されます。

65歳からは老齢基礎年金の加算額が加算されます。

一部繰上げを請求される際の注意事項

老齢基礎年金の一部繰上げの請求は、特別支給の老齢厚生(退職共済)年金の定額部分の支給

開始前でなければ行うことができません

国民年金に任意加入中の方は繰上げ請求できません。

また、繰上げ請求後に任意加入することはできず、保険料を追納することもできなくなりま

す。
受給権は請求書が受理された日に発生し、年金は受給権が発生した月の翌月分から支給されま

す。

受給権発生後に繰上げ請求を取り消したり、変更したりすることはできません。

老齢基礎年金を繰上げて請求した後は、事後重症などによる障害基礎年金を請求することが

できなくなります。

老齢基礎年金を繰上げて請求した後は、障害者の特例措置及び長期加入者の特例措置を受ける

ことができなくなります。

老齢基礎年金を繰上げて請求した後は、寡婦年金は支給されません。

また、既に寡婦年金を受給されている方については、寡婦年金の権利がなくなります。

老齢基礎年金を一部繰上げて請求した後、厚生年金保険に加入した場合、報酬比例部分及び

繰上げ調整額は、在職支給停止の対象となります。

老齢基礎年金を繰上げて請求した場合、65歳になるまで遺族厚生年金・遺族共済年金を併給で

きません。

老齢基礎年金を一部繰上げて請求すると、この分については次の減額率に応じて生涯減額され

ます。

このため、受給期間の長短により、一部繰上げ請求しない場合よりも受給総額が減少する場合があります。  

  減額率=0.5%×繰上げ請求月から65歳になる月の前月までの月数

(2)昭和16年4月1日以前に生まれた方について

老齢基礎年金の繰上げ請求は年単位で計算され、請求月の翌月分から減額されて支払われま

す。この減額率は一生変わりません。

繰上げ請求と減額率

ライフプランからのワンポイントアドバイス

人生の収入と支出を時系列で整理していくことが大切です。

ライフプランツール「LiPSS」を用いることでそれを容易に計算できます。

世間一般的な情報で納得される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族が本当に安心して

暮らすためには、ぜひ一度、保険の専門家(ライフプランナー)の目を通してともに

確認してみてはいかがでしょうか。
あなたはどういう対策を考えますか?

その考えは、ライフプランにあっていますか?

5年後、10年後、20年後・・・・・

将来の暮らしを思い浮かべてください

それが、あなたと御家族の

ライフプランです。

その夢の実現のために

■今から何をしますか?

■どういった努力をしますか?

・・・・それとも何もしないままですか?

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実

見えない不安が、確かなあんしんに変わります。

プロのファイナンシャルプランナーです。

遠隔地の方もご相談ください。

画像をアップロード

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。