トピックス
ブログ

2015年09月03日

ライフプラン〜奨学金のメリットとデメリット

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。



奨学金のメリット

経済的に困窮している家庭でも利用できる

本来、奨学金は経済的理由で進学が難しい学生のための制度なので、経済的に困窮している

家庭でも利用することができます。

返済は、学生本人が仕事に就いてから開始される

返済開始は就業開始後という奨学金制度がほとんどです。

奨学金=社会的に受け入れられやすい借金

奨学金も実質「借金」であることに変わりないのですが、純粋に勉学のために借りたお金で

あるということで、社会的にも受け入れられやすいと思います。

低金利

金利の変動はありますが、上限が決められています。

最高でも3%の低金利です。

奨学金のデメリット

申請しても利用できない可能性がある

奨学金を申請すると、学生本人の人物、健康、学力や、家計、家族構成などに関して審査が

行われます。この審査に通らないと奨学金を利用することができません。

審査基準は機関や学校によって異なるので、申込み前に自分が在籍している学校を通して

よく確認しておきましょう。

留年・休学してしまうと...

奨学金を受け取れる期間は「卒業までの最短修業年限」とされています。

例えば、2007年4月に入学した場合、2011年3月を超えて受け取ることはできません。

留年・休学した場合、卒業まで支給を受けることができなくなります。

返済は長期にわたる

返済は長期にわたる場合が多いようです。

例えば、日本学生支援機構の第一種奨学金を受け、四年制大学に通学した場合、返済期間は

だいたい13〜18年(国公立か私立か、自宅通学か自宅外通学かによって年数は異なります)

途中で繰り上げ返済をしなかった場合、完済するのは35歳〜40歳ということになります。

(卒業時の年齢が22歳の場合)

奨学金の種類は2つ−「給付奨学金」と「貸与奨学金」

奨学金には2種類あります。

給付奨学金

返済の必要がない奨学金のことです。給付奨学金は、自治体や企業が主宰となっていることが

多いです。

給付金額や、以下に述べる貸与奨学金との併用の可否については、それぞれ条件が異なりま

す。

貸与奨学金

卒業後に返済義務のある奨学金です。無利子のものと有利子のものがあります。

また、返済された奨学金は、後輩たちの奨学金として再活用されることになります。

日本学生支援機構を徹底解説!

ここからは、数ある奨学金制度の中で、最も利用者の多い「日本学生支援機構」を例に挙げ、

詳しく説明して行きたいと思います。

日本学生支援機構は、大学生、短大生の約3割が利用している最もメジャーな奨学金制度で

す。

日本学生支援機構は、

奨学金貸与事業

留学生交流事業や留学生に対して国が行ってきた奨学金の貸付事業

学生生活の調査

などの事業を整理統合し、総合的に学生支援事業を行う組織です。

奨学金は返済義務のある「貸与型」ですが、第一種奨学金と第二種奨学金があります。

第一種奨学金

給付型か貸与型か

第一種奨学金は貸与型(無利子)です。

金額

進学先と通学形態によって、月々の奨学金の金額が変わります。


第一種奨学金(無利息)

•利息:無利息

•申込資格:大学に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人

(1) 平成28年3月末に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業する予定の人

(2) 高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修学

校に入学したことのない人

(3) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学した

ことがある人は除く)、科目合格者で機構の定める基準に該当する人、又は出願者

•申込先:

申込資格(1)の方・・・在学している高等学校又は専修学校(高等課程)

申込資格(2)の方・・・出身高等学校又は専修学校(高等課程)

申込資格(3)の方・・・日本学生支援機構に直接

•募集時期:在学している(在学していた)学校に確認してください

•学力基準:

(1) 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上

(2) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人、又は科目合格者で

機構の定める基準に該当する人

•家計基準:家計の基準額は、世帯人員、就学者の有無等によって異なります。

家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の

対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

<収入・所得の上限額の目安>

世帯人数

     給与所得者    給与所得以外

3人    692万円      286万円

4人    781万円      349万円

5人    896万円      464万円


第二種奨学金(利息付)

•利息:年利3%を上限とする利息付(在学中は無利息)

•申込資格:大学に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人

(1) 平成28年3月末に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業する予定の人

(2) 高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修

学校に入学したことのない人

(3) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学した

ことがある人は除く)、科目合格者で機構の定める基準に該当する人、又は出願者

•申込先:

申込資格(1)の方・・・在学している高等学校又は専修学校(高等課程)

申込資格(2)の方・・・出身高等学校又は専修学校(高等課程)

申込資格(3)の方・・日本学生支援機構に直接

•募集時期:在学している(在学していた)学校に確認してください

•学力基準:

(1) 高等学校又は専修学校(高等課程)における学業成績が平均水準以上と認められる者

(2) 特定の分野において特に優れた資質能力を有すると認められる者

(3) 大学における学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者

(4) 高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)に合格した人、又は科目合格者で機構の

定める基準に該当する人

•家計基準:家計の基準額は、世帯人員、就学者の有無等によって異なります。

家計支持者(父母、父母がいない場合は代わって家計を支えている人)の収入金額が選考の

対象となりますが、収入・所得の目安はおよそ次の金額以内です。

<収入・所得の上限額の目安>


世帯人数


     給与所得者     給与所得以外

3人    1,033万円      601万円

4人    1,124万円      692万円

5人    1,274万円      842万円



お問い合せははこちら



ライフプランからのワンポイントアドバイス

人生の収入と支出を時系列で整理していくことが大切です。

ライフプランツールを用いることでそれを容易に計算できます。

世間一般的な情報で納得される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族が本当に安心して

暮らすためには、ぜひ一度、保険の専門家(ライフプランナー)の目を通してともに

確認してみてはいかがでしょうか。


step2_12.gif

あなたはどういう対策を考えますか?

その考えは、ライフプランにあっていますか?

5年後、10年後、20年後・・・・・


将来の暮らしを思い浮かべてください


それが、あなたと御家族の


ライフプランです。


その夢の実現のために


■今から何をしますか?


■どういった努力をしますか?


・・・・それとも何もしないままですか?


>ご相談の方はこちらのホームへ お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実

見えない不安が、確かなあんしんに変わります。

北は北海道から九州までクライアントがいる

プロのファイナンシャルプランナーです。

遠隔地の方もご相談ください。


8389834383748376838983938250.jpg

お問い合せははこちら



posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 20:10 | TOPICS
一覧ページへ
一覧ページへ