トピックス
ブログ

2015年08月15日

沸騰する日本の埋蔵ダイヤモンド

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

佐賀のファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。


0815.jpg

ダイヤモンドを鑑定するインド人のバイヤー

バブル時代全盛期、日本人が買い込んだダイヤモンド。

今や「タンスの肥やし」になっているものも多い。

あれから20年、その眠っていた中古ダイヤモンドが、なんと香港でオークションにかけ

られ、インドで思わぬ輝きを取り戻していました。

世界が注目!ニッポンの中古ダイヤモンド

香港で世界最大のジュエリーイベントが開催されました。

隣接するホテルの会場には世界各国のバイヤーたちが集結。

そこではオークションが行われていました。

取引されるのは、なんと「ニッポンの中古ダイヤモンド」。

数十億円分の中古ダイヤモンドをバイヤーたちが次々に競り落としてゆく。

中でも目立つのはインド人のバイヤーたち。

中古にもかかわらず、数百万、数千万円の高値が付けられていました。

0815-1.jpg

オークション会場

ニッポンの中古ダイヤモンド…インドへ渡る!

インド北西部のスーラト。

ここはダイヤモンドの街、世界中からダイヤモンドの原石が集まってくる。

世界で流通する約85%近くのダイヤモンドが加工されるのです。

人口約500万人の町だが、そのうち約50万人がダイヤモンドの取引・研磨・運搬など仕事

に関わっています。

路上でダイヤモンドを売買する風景も…。

そんな中、取材班は「ニッポンの中古ダイヤモンド」を発見!なんと熟練工が、古いデザイン

のダイヤモンドをカットし直し、流行のデザインに変えていました。

0815-2.jpg

研磨工場

未来予測

日本がダイヤの輸出大国に


日本には、バブル時代に買われタンスの肥やしになっているダイヤが3兆円あると言われてい

ます。

その多くはいまだタンスの中に眠ったまま。

そういった中古ダイヤは日本国内ではなかなか売れないため、海外へと輸出され始めました。

その輸出額は年々増え続けています。


将来的には輸入額を超え日本が輸出大国となる日もそう遠くない・・・。

インドでは「ダイヤに新品も中古もない」というのが一般的な考え方だが、日本でも、中古

ダイヤを新たに加工したものでも構わないという感覚が広まれば、日本から飛び出した中古

ダイヤが、形を変えて再び日本に輸入される未来も考えられます。

さらに、新品ダイヤに加え中古ダイヤが世界中で出回れば、流通量が増え、現在より安い値段

で質の良いダイヤが手に入る可能性もあります。

まさに「ダイヤモンドは永遠に」。


お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実
posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 22:00 | BLOG
一覧ページへ
一覧ページへ