トピックス
ブログ

2015年08月04日

保険相談〜保険見直し〜生命保険の種類(定期保険・終身保険・養老保険の基礎)

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。


保険相談〜保険見直し〜生命保険の種類(定期保険・終身保険・養老保険の基礎)

0804-1.jpg

保険にはどんな種類があるの?

複雑に見える生命保険ですが、「定期保険」「養老保険」「終身保険」の3つがベースに

なっており、この3種類を組み合わせて、自分や家族の目的やニーズに合った生命保険を設計

することが基本になっています。

生命保険の3つの基本形

定期保険(平準型)


定期保険は、保障が一定の期間内のみ有効になっています。基本的に「掛捨」ですが、その

ぶん保険料が割安になっています。

保険期間の自動更新や、他の種類の保険への変換といった「自在性」のある保険です。

0817-6.gif

定期保険は経済的な責任が重い人の「万一の備え」

掛捨の保険のため、割安な保険料で、より大きな保障が確保できます。

責任が重く万一に必要な金額が大きい方、保障を必要とする期間が決まっている、万一のとき

の資金を確保するといった目的に適しています。

養老保険

養老保険とは、「保障」と「貯蓄」の両方を兼ね備えた保険です。

保険期間は一定で、保険期間中に死亡した場合には死亡保険金が支払われ、満期時には死亡

保険金と同額の満期保険金が支払われます。

また保険期間の途中でも、解約返戻金を有効利用することができます。

そのかわり、保険料は安いとはいえません。

0817-8.gif

養老保険は「いずれ必要となる将来資金」のために

「保障」と「貯蓄」を兼ね備えた養老保険は、保険金額・保険期間が同一の定期保険と比べる

と保険料が高くなります。このため満期時の保険金の使用目的をある程度イメージしたうえ

で、活用するのがポイントです。

終身保険

終身保険は、保障が一生涯続きます。

このため、何歳で亡くなられても、保険金が支払われます。

将来保障が必要ではなくなった時には、解約返戻金を老後資金など、多目的に利用できます。

相続税や葬儀費用など、いつか必ず発生する支出をカバーしたい時にも有効です。

0817-9.gif

終身保険は「必ず発生する費用の確保」のために

終身保険は保障が一生涯続く保険のため、いつかわからないものの一生涯のうちに必ず発生す

る費用を確保するという目的に適しています。

たとえば相続税や葬儀費用など、親族が亡くなったときに必ず発生する支出が一例に挙げられ

ます。

また、老後を迎えるまでは保障を確保し、その後、年金に移行するといった利用もできます。

定期保険の応用形「逓減型」と「年金型」

たとえば子どもたちが独立すれば、もう大きな保障は必要ないというような場合、保障額が

毎年、一定の割合で減っていく「逓減型」の生命保険を選ぶと合理的です。

また、給与と同じように毎月決まった保障額が何年間支払われるといった「年金型」もあり

ます。

定期保険「逓減型」とは?

逓減型の定期保険は「経済的な責任が減っていく」人のため

0817-10.gif

毎年一定の割合で保障額が減っていく定期保険です。

子どもの教育費や生活費を考えてみてください。

子どもが独立するまでにかかる資金の累計額は、毎年確実に減っていきます。

このように、経済的な責任が減ることを見越している場合に有効なのが「逓減型」です。

保障が逓減する分、「平準型」よりも保険料が割安になります。加入のタイミングを上手に

図ることにより、保険料の払い過ぎがなくなります。

一般的に多くの人が経済的な責任はだんだん減っていくものですが、それに気づいていない

人が多いのも事実です。

定期保険(年金型)

年金型の定期保険は「遺族の安定した生活を求める」方のため

0817-11.gif

保険金を一時金としてではなく、少額ずつ受け取る年金のような形式の定期保険です。

給料と同じように毎月の分割でお金を受け取れるので、収支計画や、毎月の家計管理がしやす

く、安定した生活を送れるといったメリットがあります。

また、一時にまとめて受け取る保険よりも、保険料が割安に設定されています。



お問い合せははこちら




ライフプランからのワンポイントアドバイス

人生の収入と支出を時系列で整理していくことが大切です。

ライフプランツール「LiPSS」を用いることでそれを容易に計算できます。

世間一般的な情報で納得される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族が本当に安心して

暮らすためには、ぜひ一度、保険の専門家(ライフプランナー)の目を通してともに

確認してみてはいかがでしょうか。


step2_12.gif

あなたはどういう対策を考えますか?

その考えは、ライフプランにあっていますか?

5年後、10年後、20年後・・・・・


将来の暮らしを思い浮かべてください


それが、あなたと御家族の


ライフプランです。


その夢の実現のために


■今から何をしますか?


■どういった努力をしますか?


・・・・それとも何もしないままですか?


>ご相談の方はこちらのホームへ お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実

見えない不安が、確かなあんしんに変わります。

北は北海道から九州までクライアントがいる

プロのファイナンシャルプランナーです。

遠隔地の方もご相談ください。


8389834383748376838983938250.jpg

お問い合せははこちら
posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 22:49 | TOPICS
一覧ページへ
一覧ページへ