トピックス
ブログ

2015年07月25日

町の飲食店の味と人情を支える 知られざる食品集団!

世界の沸騰する現場から

日本の未来あんしんを予測する!

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。


夫婦で切り盛りする絶品ハンバーグの店や、究極のスープが人気のラーメン屋など個人経営の

飲食店だけを相手に、肉・野菜を届ける食品卸「プレコフーズ」。

客の望みとあらば、肉の切り方だけでなく焼き鳥の串打ちからチャーシューづくりまで代行。

ささみ3本だけでも届けてくれるという徹底ぶりで、町の肉屋さんから、今や年商100億円

の企業に急成長しました。飲食店の味と人情を支える注目の食品軍団に迫る。

0725.png

プレコフーズについて

食の楽しみと笑顔の創造企業


お客様の笑顔を創造する

私達は、"新鮮食材のスペシャリスト"として、『安全』 『品質』 『鮮度』の高い食品を

笑顔と共にお届けいたします。

食の楽しみを守り、食の楽しみを提案することを目的とします。

お客様第一を心がけ、飲食店発展の良きパートナーとなり、お客様の笑顔を創造する企業を

目指します。

社員の笑顔を創造する

プレコフーズは、社員が真の幸せと生き甲斐を求める場として存在します。

社員個人の夢を実現し、家庭がより豊かになり、社員の笑顔を創造する企業を目指します。

社会の笑顔を創造する

私達は、利益を出し社会に還元するとともに、食文化を通じて社会の発展に貢献します。

プレコフーズに関係するすべての方々と社会の笑顔を創造する企業を目指します。

0725-1.jpg

社長の金言

1日1センチの努力が大事


ご挨拶

BSE、鳥インフルエンザ、食品偽装問題等、様々な食品問題が社会を揺るがせている昨今、

消費者の「食品の安全性」に対する社会的要請が急速に増大しています。

当社は、国内最高クラスの衛生管理システムを備えた総合食品卸として、作業室・鶏解体室の

低温度化とクリーンルーム化をはじめとし、"新鮮食材のスペシャリスト"をスローガンに、

食品の 『安全』 『品質』 『鮮度』 の向上を追求しております。

商品の入荷から、加工、出荷、配送に至るまで、徹底した温度管理・品質管理を行い、

飲食業界の皆様により高品質で安全な商品をお届けすることが、プレコフーズの第一の使命で

あると考えます。

2004年9月、食肉業界のトップランナーとして、他社に先駆け品質管理の国際規格である

ISO9001を、2007年4月には、安全な食品を確保するためのシステムであるHACCPの認証を取得

致しました。

当社は、国内最高クラスの衛生施設を有しておりますが、最終的に商品の品質を作るのは

「人」であり、さらなる品質の向上には、お客様のニーズに徹底的に応えようとする全社員の

統一した意識が必要であると考えました。

そこで、社員全員が品質に対し明確な共通意識を持つ手段としてISOを、より安全な食品を

提供するための仕組み作りとしてHACCPを導入しました。

この「ISO9001−HACCPシステム」を通じ、品質管理ならびに食品安全について継続的に改善

し、お客様から最大の信頼と満足を得ることを目指しています。

食は、単に生きる糧にとどまらず、生きる喜びにつながり、人生の大きな楽しみとなります。

美味なるものとの出会い、心ときめく味覚は、家族や友人との会話、時、空間を豊かなものと

します。

私達は、食の安全性を守るとともに、さらに喜びに満ちた幸せなテーブルと笑顔あふれる未来

を築きます。

プレコフーズは、これからも"食の楽しみと笑顔の創造企業"として、明日の豊かな食文化に

貢献してまいります。

個人飲食店を応援!急成長の食材ビジネス!

東京にある飲食店、約8万軒。そのうち1万4千軒に、毎日肉を中心に野菜や魚まで届ける

プレコフーズ。

都内5カ所にある、病院の手術室並みというクリーン度を誇る加工センターでは、1000種

類を超える国内外の肉を扱うそうです。

しかも、肉の厚さや切り方まで店ごとの要望に応えています。

さらに焼き鳥の串打ちやチャーシューづくりなども客の要望とあらば対応。

実はプレコの顧客、95%以上が個人経営の店です。

つまり彼らは、飲食店のセントラルキッチンのような存在。

配送もささ身3本だけといった1000円ほどの少量注文でも届けてくれる。

そんな個人店を応援する顧客目線でプレコフーズは、20年で年商128億円に急成長を遂

げ、さらに最近では畜産農家と組み、いくつものブランド肉を展開するなど、ビジネスは拡大

を続けています。

大躍進するプレコフーズの、外食に革新を起こす独自戦略に迫る。

商売は“アキナイ”…母の教えから中小の救世主に

プレコの配送車に乗るのは、全員が社員のセールスドライバー。

彼らが“御用聞き”のように店をまわり、最新の食材情報を届けるなど、徹底的に個人店支援

を意識したビジネスを展開します。

顧客の多くはプレコと取引することで、様々な競争力のあるメニューを作ることができるの

です。

プレコでは、価格勝負になる大手との取引は極力せず、付加価値の高い商品を個人店に売る

ことで、利益を確保する戦略をとっています。

その原点には、東京・戸越銀座商店街で鶏肉屋を営んでいた?波の両親からの教えがあると

か。

それは「商売は“飽きない”こと。小さな取引を根気よく積み重ねることこそが、

商売の本質」そんな教えでした。

1980年代後半、実家の鶏肉屋がスーパーの進出で大打撃を受ける中、?波は最後の望み

を、飲食店の開拓にかけます。

そこで、他では応じない様々な注文に応える中、1軒ずつ、取引を増やしていきました。

そんなプレコフーズの「個人店主義」に支えられ、商売を伸ばしていく飲食店は、今日も後を

絶たないのです。

新たな外食ビジネスを生み出せ!

1年前、プレコフーズは、築地の仲卸を買収し鮮魚に参入。

自慢の配送網を使い、一気に顧客を拡大しています。

そんな?波が、今取り組むのは、外食店の経営。といっても外食を新たなビジネスにするので

はなく、取引先の顧客が新たな出店をする時に、プレコがそのノウハウを提供する、新たな

個人店支援ビジネスを見据えたものです。

プレコフーズが考える、外食ビジネスの可能性とは?

0725-2.png

0725-3.png

0725-4.png

0725-5.png

0725-6.png

0725-8.png

0725-9.png


お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実




posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 19:51 | BLOG
一覧ページへ
一覧ページへ