トピックス
ブログ

2015年07月22日

ライフプラン〜医療保険〜医療保険関連情報〜国民健康保険は、強制加入?

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。


国民健康保険は、加入者が病気・ケガ・出産・死亡した場合に、その医療費や葬祭費用などが

支給される制度です。

基本的には、在職中に加入していた社会保険の健康保険と制度の中身自体は変わりませんが、

保険料の計算方法や、納付の仕方が大きく変わってきます。

また、国民健康保険は、「いずれの社会保険制度にも属さない人は必ず加入(国民皆保険制

度)」しなくてはならず、退職した後に、健康保険から国民健康保険への切り替え手続きを行

わなかったとしても、実は退職日の翌日からは国民健康保険に加入していることになります。

もちろん保険料についても、1日でも加入していれば納付義務が発生します。

なお、健康保険の任意継続や被扶養者になることを選択した場合は、退職日の翌日付で手続き

を行えば、国民健康保険への加入は必要ありません。


それではまず、国民健康保険の切り替え手続きについて解説していきます。


国民健康保険の切り替え手続き

会社を退職したら、退職日の翌日の日付で社会保険の健康保険は喪失(失効)されます。

もし次の職場での就職日(社会保険に加入した日)と前職の喪失日(退職した翌日)が一緒で

あれば、健康保険については手続きをする必要はありませんが、1日でも空白の期間が発生

するなら切り替え手続きが必要になります。


以下では、国民健康保険に切り替える場合の手続き方法をまとめてみました。


手続き場所

お住まいの市区町村役場・国民健康保険の窓口

期限

退職した日から14日以内

必要書類

会社を退職したことが分かるもの

■ 離職票

■ 退職証明書

■ 資格喪失連絡票など


国民健康保険を選ぶメリットとは

国民健康保険を選択するも、社会保険の任意継続を選択するも、健康保険制度としての中身は

一緒です。

したがって受けられる内容に違いはありませんが、保険料の金額や納付の仕方については、

実は大きな差が発生する場合があります。

ならば、「どうせ受けられる内容が一緒なら、納付する保険料は1円でも安いほうがいい」と

いうことになりますね。

では、どちらの保険料が安いかというと、実は「住んでいる場所」「前職の収入」「扶養して

いる人数」などによって大きく異なりますので、一概にはお答えできないのです。


お問い合せははこちら



ライフプランからのワンポイントアドバイス

人生の収入と支出を時系列で整理していくことが大切です。

ライフプランツール「LiPSS」を用いることでそれを容易に計算できます。

世間一般的な情報で納得される方もいらっしゃるかもしれませんが、ご家族が本当に安心して

暮らすためには、ぜひ一度、保険の専門家(ライフプランナー)の目を通してともに

確認してみてはいかがでしょうか。


step2_12.gif

あなたはどういう対策を考えますか?

その考えは、ライフプランにあっていますか?

5年後、10年後、20年後・・・・・


将来の暮らしを思い浮かべてください


それが、あなたと御家族の


ライフプランです。


その夢の実現のために


■今から何をしますか?


■どういった努力をしますか?


・・・・それとも何もしないままですか?


>ご相談の方はこちらのホームへ お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実

見えない不安が、確かなあんしんに変わります。

北は北海道から九州までクライアントがいる

プロのファイナンシャルプランナーです。

遠隔地の方もご相談ください。


8389834383748376838983938250.jpg

お問い合せははこちら
posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 17:47 | TOPICS
一覧ページへ
一覧ページへ