トピックス
ブログ

2015年07月20日

圧倒的な付加価値を生む!21世紀の街づくり革命

世界の沸騰する現場から

日本の未来あんしんを予測する!

お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー未来あんしん隊!

ファイナンシャルプランナーの小柳善寛です。


鉄道事業を展開する東急電鉄。東急と言えば、“電車”というイメージですが、実は、その

根底にあるのは『街づくり』。

『切り拓いた土地に住宅や商業地を造成し、それらを鉄道でつなぎ、地域の価値を高めて沿線

住民・利用客を増やす』というサイクルを創業時から続けています。

そんな東急が、いま21世紀型の街づくりに乗り出しています。

これまでベールに包まれてきた、売上高1兆円超を誇る東急電鉄の新戦略を徹底解剖してみま

しょう。

0720.png

圧倒的な付加価値を生む!21世紀の街づくり革命


東急グループとは

東急グループの概要

東急グループは、1922年の「目黒蒲田電鉄株式会社」設立に始まり、2012年3月末現在、

235社8法人(株式上場会社8社)で構成され、交通事業、不動産事業、生活サービス事業、

ホテル・リゾート事業、ビジネスサポート事業を事業分野としています。

その中核企業として、鉄道事業を基盤とした「街づくり」を事業の根幹に置きつつ、

長年にわたって、皆さまの日々の生活に密着したさまざまな領域で事業を進めています。

0720-1.jpg

※東急不動産(株)、(株)東急コミュニティー、東急リバブル(株)は2013年10月1日を

もって、3社の完全親会社である東急不動産ホールディングス(株)を設立し、同社の完全子

会社となりました。

0720-2.jpg 0720-3.jpg

東京急行電鉄                           東急不動産

0720-4.jpg 0720-5.jpg
東急百貨店                            東急ホテルズ

グループスローガン

美しい時代へ ──東急グループ


「美しさ」それは東急グループの、次の時代に向けた道しるべであり、価値基準です。

我々が求める「美しさ」とは、人、社会、自然が調和した中で、国を超え時代を超え、一人

ひとりの心に深い感動を呼び起こすありようのことです。

東急グループは、洗練され、質が高く、健康的で、人の心を打つ「美しい生活環境の創造」を

自らの事業目的とし、その実現に全力で取り組みます。

そして優しさと思いやりにあふれた「調和ある社会」の中で、一人ひとりが自分らしく生き、

幸せを実感できるよう、お役に立ちたいと考えます。

「美しい時代へ」には、我々東急グループが、自ら美しくあり続ける覚悟と、美しい生活環境

を創る先駆者になる決意が込められています。

グループ理念

我々は、グループを共につくり支える志を持ち、この理念を共有する。


0720-6.png
0720-7.png
0720-9.png


ブランドマネジメント

「東急」ブランドの価値最大化を図るため、当社は2000年4月に策定した「東急グループ経営

方針」において、実行施策のひとつである「グループマネジメントの整備」の中にブランド

マネジメントを位置付けました。

そして2003年4月から本格的にブランドマネジメントを導入しています。

「東急」ブランドがお客さまに約束することは、つねに新しい視点で生活品質を提案し、

こだわりを持ったお客さま一人ひとりの生活価値を高めることです。お客さまの期待に応え、

より質の高いサービスを提供し、魅力ある企業グループになるために、グループの従業員全員

が「東急」ブランドを守り育てるという共通の理解と使命を持って行動していきます。

開発するだけが街づくりではない!高齢化した街に活気を取り戻せ

東京急行電鉄 社長

野本 弘文 さま(のもと ひろふみ さま)


0720-10.jpg

ごあいさつ

取締役社長の野本でございます。平素より当社ならびに東急グループの事業活動にご理解を

賜り、厚く御礼申し上げます。

景気は緩やかな回復基調にあり、個人消費は持ち直しの兆しが見えております。

一方で、人口動態、消費行動、顧客接点、次世代に向けた事業機会、グローバル市場などに

目を向けると、当社を取り巻く事業環境は刻々と変化しております。

こうした状況下、2015年4月から、中期3か年経営計画「STEP TO THE NEXT STAGE」をスター

トさせました。本計画では、2012年度来の中長期ビジョンを踏襲します。

このビジョンは、当社創立100周年にあたる2022年にありたい姿を示すもので、

?東急沿線が「選ばれる沿線」であり続ける。そのための3つの日本一、「日本一住みたい

沿線」「日本一訪れたい街 渋谷」「日本一働きたい街 二子玉川」を実現すること 

?東急グループが『ひとつの東急』として強い企業集団となること――です。

前経営計画期間の3年間を振り返りますと、東横線・東京メトロ副都心線の相互直通運転を

開始し、鉄道ネットワークの整備を進めたほか、渋谷や二子玉川をはじめとした大規模沿線

開発が進み、輸送人員は3年間で5%増加しました。

また、多くの皆さまにご迷惑をお掛けした昨年2月の元住吉駅列車衝突事故を教訓に、

設備面・ソフト面双方から一層の安全対策を進めました。

海外では、ベトナム・ビンズン省の都市開発が進捗し、公共バスの運行を開始したほか、

最初のマンション事業が竣工しました。これらにより、計画数値を概ね達成することができ

ました。

今般始動した計画は、2018年度以降に開業が予定されている渋谷駅周辺の開発や、相鉄・東急

直通線開業など、大規模プロジェクトを着実に進める「ステップ期間」と位置づけています。

また、将来の大きなジャンプに向けて、新規領域にも積極的に進出し、成長分野に重点投資し

ます。

具体的な施策としては特に、ライフスタイルやワークスタイルのイノベーションを推進し、

「沿線に住み続けたい」「沿線で働きたい」と思っていただける新たな価値を提供してまい

ります。
さらに、社員がいきいきと輝ける環境づくりとして、新規事業を提案し自ら推進する社内起業

家育成制度の創設や、育児・介護への支援などダイバーシティマネジメントに注力してまい

ります。

当社ならびに東急グループは交通、不動産、生活サービスの3つの事業を核に、ホテル・リ

ゾート事業など幅広く、お客さまの日々の暮らしに密着した事業を展開しています。

今後も「安全」をすべての事業の根幹とし、企業の社会的責任を果たすことで、「東急」が

ステークホルダーの皆さまから愛され、信頼されるブランドとなるよう、尽力してまいりま

す。

引き続き当社ならびに東急グループの事業活動にご愛顧とご支援を賜りますよう、お願い申し

上げます。

0720-11.png


横浜市の北部に位置する、たまプラーザ。駅前は若い母親と子供で溢れかえり、少子高齢化な

ど全く感じさせない明るい雰囲気が漂う。

実は、ここに東急電鉄の仕掛けがある。1950年代前半、東急は何もなかったこの地の開発

に着手。イギリスの田園都市をモデルに高級住宅地を生み出した。

1980年代には、この街を舞台としたドラマがブームになり、人口は増加、地価も高騰した

というのです。

しかし、それから30年、かつての街は曲がり角を迎えていました。

もともと丘陵地帯を開発した為、「たまプラーザ」は坂道が多く、高齢者となった住民に

とって住みにくい街になってしまったのです。

この事態を打開すべく、東急が打ち出した戦略こそ『住み替えサポート』です。

たまプラーザ駅に直結する利便性の高いマンションを建設し、高齢者に住み替えを勧め、

空いた家を子育て世帯に安価に仲介する、いわば街の新陳代謝をはかり活気を取り戻そうと

いう試みです。

さらに東急は日用品の宅配サービス、自宅の掃除や重い家具の移動など、高齢者の暮らしを

助けるサービスも開始。

“いつまでもこの街に住みたい”と思ってもらえる街づくりを追求しています。

「街づくりは、開発で終わりでない。街がある限り何年も何年も耕す」と言い切る社長の

野本さん。

新たな開発へと進む東急の街づくりの本質に迫ります。

人口減少に負けない!東急が仕掛ける新たな視点の街づくり

ニッポンの大きな課題である人口減少。

もちろん東急にとっても他人事ではなく、『数年後から東急でも乗降客数が減少する』と予測

しています。

東急は、こうした問題にも先手を打っていました。

その答えが今年オープンさせた複合商業施設・二子玉川ライズにあります。

東急はこの施設に、TSUTAYAの最新業態「蔦屋家電」や日本初出店となるスペインの惣菜店

「マヨルカ」などを誘致。

『ここでしか買えない、ここでしか味わえない』訪れた人だけが体験できるサービスや空間を

提供しています。

実は、ここには『二度・三度と訪れたいと思える場所を作る』という東急の新たな戦略が隠さ

れているというのです。

人口減少に負けない、東急が仕掛ける新たな視点の街づくりを解き明かします。

渋谷を変えよ!東急の新たな挑戦

大規模工事が進行中の渋谷。

東急の本社を構えるこの街を『新しいモノゴトの発信基地』「世界中の人が訪れたい街」に

していくというのです。

その為に、いま東急が進めているのが次世代産業の代表格・IT企業の誘致。同社では、IT企業

の拠点となる大小様々なオフィススペースを提供するだけでなく、“渋谷で働きたい”と

思ってもらえるよう、起業に関するイベントを主催・協賛するなど、ソフト面でも彼らを呼び

込む仕掛けを行っています。

既に成熟しているようにも見える渋谷。

日本を代表するこの街をさらに進化させるべく奔走する東急の姿はいかに・・・。

0720-12.png

0720-13.png

0720-14.png

0720-15.png

0720-16.png

0720-17.png

0720-18.png

0720-19.png





お金も、保険も、人生も、

共に夢を叶えるパートナー

未来あんしい隊

ライフプラン

描けてますか

あなたの人生。ご家族の将来。

幸せは、未来を見通すことから。

ライフプランにもとづいて、将来にわたる家計の収支を

シミュレーション。そこから必要な保障を明らかにしていきます。

現在と未来。自分と家族。

夢と現実


posted by 未来あんしん隊 ゼンカンライフプラザ at 15:07 | BLOG
一覧ページへ
一覧ページへ